英語文法のカギを握る!間接疑問文の使い方

本ページはプロモーションが含まれています。
間接疑問がかかれたTシャツを着た男女 英語

英語の文法には、時折複雑に見えますが、実は基本的な構造を理解することで理解可能な部分があります。

今回は、その中でも重要な「間接疑問文」に焦点を当て、その使い方についてご説明します。

例文を交えながら、普通の疑問文との違いを確認し、初心者でも分かりやすく解説していきます。

間接疑問文とは?

間接疑問が書かれた黒板

間接疑問文は文中にはめ込まれる疑問文のことです。

what、who、when、which、howといった疑問詞で始まる文がはめ込まれます。

例文)
Tell me what I should do.
何をすべきか教えて。

I don’t know who she is.
私は彼女が誰だか知らない

She forgot when his birthday was.
彼女は彼の誕生日がいつか忘れた。

I remember where he is from.
私は彼がどこ出身か覚えている。

I’m sure which one he prefers.I
私は彼がどちらを好むかわかる。

Imagine how you will feel.
どう感じるか想像してみて。

間接疑問文の中では、主語→動詞(助動詞)と言う順番になります。

では、普通の疑問文とどのように違うのでしょうか。

次に見ていきましょう。

普通の疑問文とは?

疑問文が書かれた小物

普通の疑問文は以下のように、動詞(助動詞)→主語と言う順番になります。

例文)
What should I do?
私は何をすべきですか。

Who is she?
彼女は誰ですか。

When was his birthday?
彼の誕生日はいつでしたか。

Where is he from?
彼はどこ出身ですか。

Which one does he prefer?
彼はどちらを好みますか。

How will you feel?
あなたはどう感じるでしょうか。

このように普通の疑問文と間接疑問は語順が異なります。

これさえ理解できていれば、文中で間接疑問が出てきてもわかりますね。

まとめ

英語文法において、間接疑問文の理解は英語力向上のための鍵となります。

基本的な構造を把握することで、複雑な文章も読めるようになります。

普通の疑問文との対比を通じて、初心者でもわりやすいように説明しました。

短くても内容の濃い文章を作るコツとして、間接疑問文の活用は有効です。

これを英語力向上の一つのステップとして取り入れてもらえばと思います。

こちらもご覧ください。
英語文法のカギ: 初心者のための5つの文型解説
英語文法のカギ:Be動詞と一般動詞をマスターしよう

コメント

タイトルとURLをコピーしました